« March 2005 | Main | September 2005 »

August 17, 2005

長渕剛が「大和」鎮魂歌を初披露

歌手長渕剛(48)が、沖縄特攻作戦に散った戦艦大和の乗組員に歌をささげた。11日、広島県尾道市に建設された映画「男たちの大和 YAMATO」(佐藤純弥監督、12月17日公開)の実寸大巨大セットで同作の主題歌を初披露した。平和と鎮魂をテーマにしたイベントで、同市内の高校生200人を招待。ギターを抱え、ハーモニカを持った長渕は、日差しが照りつける甲板で主題歌「CLOSE YOUR EYES」「YAMATO」を歌い上げ、空を見上げてつぶやいた。「鎮魂歌、届いたかも知れないね、天に」。  主題歌の依頼を受けてから、巨大セットに5回も足を運んだ。「自分の考えが間違っていないか、確かめに来たんです」。脚本を読んで涙した。思い入れから重圧も感じ、曲制作は思うように進まなかった。ある時、メロディーと詞が一気に浮かび、5分で書き上げた。「乗組員たちからの『おれたちの思いを歌ってくれ』という声が聞こえてきた。つくったというより、つくらされた。不思議な体験でした」。乗組員の青春の日々、守るものへの思いを描く希望あふれる歌が完成した。

ヤフーニュースより引用

久しぶりの新曲で聞くのが楽しみ。
大和人気で呉市の大和ミュージアムも大盛況だし、映画の主題歌でもあるし長渕剛の代表曲になるかもしれませんね。
でも、曲を聴いていないので何ともいえません。
早く次のアルバムに収録されて、ニューアルバムが出るのを待つしかありません。

ところで、ちょうどこの曲が披露されたとき叔父が偶然そこへ行っていたようで、長渕剛の実物を見たといって自慢していました。
写真撮ってくれば良かったのにと言うと、「曲を聴いているのに写真を撮る暇はない」ですって、私よりも高価なデジカメの価値半減です。
ということは、写真を撮るのを忘れるくらい名曲ってコトでしょうか…

| | Comments (418) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | September 2005 »